プロテインがダマになりにくい作り方とおすすめシェイカー

今まで400mlのシェイカー(ブレンダー)を使ってプロテインなどを飲んでいたのですが、結構ダマになることが多くなり悩んでいました…

そこで今回は少しでもダマを少なくして飲める方法やオススメのシェイカーを紹介したいと思います。

おすすめシェイカーボトル

まず最初にYASEOがおすすめするシェイカーやちょっと狙っているシェイカーを紹介していきます。

マイプロテインさんのシェイカーです。これはマイプロテインの初回購入時に同梱されていたプロテイン シェイカー 600MLです。

イヤーブレンダーボールが付属されているのでこれと一緒にシェイクすると均一に混ざりやすくなります。ダマ対策にもなります。飲みくちのキャップは一見、こぼれやすいかと思いましたが案外しっかり密閉されます。

続いてサプリメントやプロテインブランドの種類が豊富なアイハーブさんから1つ選んでみたいと思います。

22oz(オンス)と書かれているので約625.087ml入ります。

シェイカー以外にも2つの独立した容器(100cc・150cc)がついています。プロテイン以外にもサプリメントを摂取している方にもオススメです。もちろんBCAAなども入れておくのもよいかと思います。

ブレンダーボールはけっこう一般的なイメージがします。日本のシェイカーにはなかなか付属していません……

アイハーブなどでも売られているシェイカー(ブレンダー)の種類はマイプロテインとにているものが多いです。デザインが気に入ったシェイカーを選んでモチベーションを上げるのもよいかと思います。

最後にちょっと気になるシェイカーをご紹介します。

多機能 プロテイン シェイカー(自動)600ml PROMIXX プロミックス

自動でシェイクしてくれるスグレモノ!賛否両論はあるみたいですが、ミキサーみたいに大きなものでなく省スペースで使える自動シェイカーは気になります。

少し大きめのシェイカーを選ぶ

おすすめシェイカー(ブレンダー)を紹介しましたが、実際にプロテインなどのダマを少しでもなくし、溶けやすい方法を紹介します。

いたってシンプルではあるのですが、最初に水を入れる事が重要です。最初に粉を入れてしまうと水に混ざらなく塊になるときがあります。赤ちゃんの粉ミルク同様、最初に必要な水を入れ粉を入れるのがポイントです。水分が足りないと感じた場合は更に足せば良いです。

あとはシェイクするだけですが個人的に一定の振り方を数秒行い、持ち場所を変え再度振り混ざり方を変えます。ちなみにシェイカーの底に少しくぼみがあるやつは水の流れに変化をつける役目があります。

これで多少なりとも溶け具合が変化するかと思います。

先ほどオススメのシェイカーを紹介しましたが、少し大きな容器のほうが混ざり方が大きくなるので水と絡み溶けやすくなります。

多少泡立ちは小さなシェイカーに比べると多くなりますがそれも気にならなくかと思います。

シェイカー(ブレンダー)って気がついたら増えている…けどトレーニングには必要になってくるアイテムなので皆さんもシェイカーに少しこだわりを持ってみてはいかがでしょうか??

このページのタイトルとURLをコピーする