バルクアップに最適な話題のギャスパリ サイズオンを試してみた

痩せ型が何言ってんだ?と言われそうですがセコセコと筋肉をつけるためにそれなりに取り組んでいますYASEOです。

そんなこんなでジムでの筋トレ用のスポーツドリンクとしてギャスパリから発売されているサイズオンを試してみました。

匂いはともかくブログやパーソナルトレーナーからもかなり信頼のあついドリンクなので見つけたらぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

追い込み具合がさらにアップする

最初にサイズオンってどんなものか紹介したいと思います。ネットで買われるときはiHerb.com(アイハーブ)などで購入することが出来ます。値段はちょっと割高に感じますが効果は他のと比べると良かったので損はしません。

パッケージはさすがアメリカンと言ったところでしょうか。オプチマムのゴールドスタンダードを購入してからはそんなに驚くことはありませんが、ボトルスタイルの容器は使いやすいです。

また毎回感じることですが、計量スプーンが入っているのですが日本のようにパッケージの外についているわけではなく容器の中に入っています。見当たらない場合は粉に埋もれているのでほじくり出す必要があります。

1584g入っていて約5,500円程度なのでちょっと高い感じもしますがバテ気味を解消したいなら安いほうかもしれません。

埋もれた計量スプーンを取り出してみたらこれまた大きさに驚く…1回当たり摂取量は1スクープ(66g)です。ゴールドスタンダードが1スクープ(30.4g)なので約倍です。Serious Massはもっと多いですが…

何杯も入れる必要もないので便利といえば便利です。

早速作ってみましょう。1スクープ(66g)をボトルに入れます。

ボトルを開けた瞬間からアメリカンな匂いが漂います。今回購入した味はグレープクーラーです。他のレビューを参考にするとグレープ味は安定の飲みやすさで試す場合はグレープクーラーで試すと良いみたいです。

幼いころに輸入ガムを食べた思い出が蘇りました。なんとなく想像つく方はいらっしゃるかと思いますが…なんとも甘ったるいグレープのような匂いです。

1スクープ(66g)で約1リットル作れるのでNALGENEのTritanが活躍します。

泡立ちが激しいですがすぐなくなり粉も水に溶けやすいです。

飲み心地としては甘さがありますが個人的には以前購入したグリコCCDドリンクよりも飲みやすくはまりそうです。

それでは Gaspari Nutrition サイズオン の内容を見ていきたいと思います。

サイズオン 栄養素

1回あたりに摂取できる栄養素をまとめました。

1スクープ(66グラム)
カロリー 180
脂肪からのカロリー 0
総脂質 0グラム
飽和脂肪 0グラム
トランス脂肪 0グラム
コレステロール 15mg
全炭水化物 39グラム
食物繊維 0グラム
(イソマルツロース、D-グルコース、およびトレハロースから)糖 37グラム
タンパク質 7グラム
ビタミンC(アスコルビン酸) 60 mg
チアミン(チアミン塩酸塩として) 10 mg
リボフラビン(リボフラビン-5-リン酸など 7.6ミリグラム
ナイアシン(ナイアシンアミドとして) 50 mg
(ピリドキシン-5-リン酸など)、ビタミンB6 16.8 mg
葉酸(葉酸として) 200 MCG
ビタミンB12(メチルコバラミンとして) 75 MCG
パントテン酸(D-パントテン酸カルシウムとして) 9 MG
カルシウム 51 mg
103 mg
マグネシウム 45mg
ナトリウム 280 mg
カリウム 125mgの

1回のエネルギーの摂取できる量はグリコのCCDドリンクの方が多いですがサイズオンは筋肉肥大を促進して、タンパク質の合成を早くするためのドリンクなので目的がかなり変わってきます。

普段の生活でもクレアチンは摂取しているのですがサイズオンには3種類のクレアチン(クレアチア(クレアチン一水和物)、クレアチンマグナパワー(マグネシウムクレアチンキレート)、クレアチンリン酸二ナトリウム)が配合されていてさらにバテがなくなりやすくなります。これは他のクレアチンと飲み比べても一目瞭然でした。

栄養素を調べるときりがありませんね…ただ甘ったるいけど飲みやすいかなりすごいスポーツドリンクと言って良いと思います…YASEOみたいにバテやすい方にはぜひ試して欲しいです。