リストバンド型ウェアラブル端末で気軽に自分を知ろう!おすすめウェアラブル端末2選

健康意識が高くなってきて注目されているガジェットがあります。YASEOもその中のひとりだったりしますが……ウェアラブル端末やスマートウォッチという言葉を耳にしたことはありませんか?

時刻を知るだけでなく歩数、移動距離、消費カロリーなど自身の健康管理ができるデバイスと進化しています。

iPhoneやAndroidスマートフォンなどと連動して体調管理をすることもできるガジェットもあるので今回紹介するモノ以外にもぜひ比較してみてください。ウェアラブル端末にはウォッチ型やクリップ型など様々なカタチがあります。

今回は時計などつける習慣がない方にもおすすめなリストバンド型ウェアラブル端末(アクティブトラッカー)を2つ厳選して紹介します。

スポンサードリンク

Fitbit 心拍計+フィットネスリストバンド Charge2 Large

デザインも機能も価格も良い人気のウェアラブル端末です。Charge2 LargeがFitbitの中で特に評判がよいです。スマホまたはパソコンから簡単に設定が行なえます。またバッテリーの持ちの良さも高く評価されています。

標準のバンドなどのアクセサリーも良い感じではありますが、別売りのアクセサリーが豊富に販売されているので自分好みにカスタマイズしても良いかもしれません。

端末自体は非常にシンプルではありますが、スマホでより詳細を知ることができるので日々の体調管理はし易いかと思います。

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 活動量計 vivosmart J HR+

GPS機能が搭載されているので屋外でのランニングなどを楽しんでいる方にはおすすめのデバイスかと思います。価格は若干Charge2 Largeのほうが安いです。

ただGPSをつけての連続稼動が8時間と頼りなさはありますが、GPSオフ、光学心拍オンなら約5日間稼働することができます。レビューなどを見てもランニングユーザーには比較的評判がいい感じです。

個人的にGARMINのメーカーのウェアラブル端末はごつい感じがします。なんとなくですが……ほんとなんとなく…

いかがでしたか?ウェアラブル端末は自分のカラダのことを知るだけでなくトレーニング中のインターバルをはかったりすることもできます。リストバンド型だとウォッチ型よりかさばる感じもしないのでフィットネス目的のために購入するのもありかと思います。

少し感じたことですがレビューなどを参考にしてみると値段が安い端末のほうがバッテリーなどの消耗が値段の高いの端末と比べて高い感じが見受けられました。とは言え20,000円くらいが相場な感じがします。

YASEOは腕が細いのでそっちをトレーニングで改善せねば…リストバンド型ウェアラブル端末をかっこよく身に着けたい!!